ksauzz weblog

technical note....

ZeroMQ Rubyバインディングのインストール

そろそろZeroMQを触ろうか、ということでRubyバインディングをとりあえずインストール。

ZeroMQのRubyバインディングはrbzmqffi-rzmqがあります。 rbzmqは公式のRubyバインディングでffi-rzmqはffi版です。 ffiに関しては、さっぱり詳しくないのですが、 MatzRuby使ってる分には基本rbzmqの方で良いのかなと思ってます。 ffi-rzmqをインストールしたのはlearn-ruby-zeromqを動かしたかった、というだけの理由です。

以下、MacOSでのお話…。

ZeroMQのインストール

とりあえずZeroMQをインストールします。 特になにも考えず現在のStable版である2.2.0を入れました。 今回はソースビルドしていて、インストール先は/usr/local/zmqです。

git clone https://github.com/zeromq/zeromq2-x.git
cd zeromq2-x
git checkout v2.2.0
./autogen.sh
./configure --prefix=/usr/local/zmq
make
sudo make install

rbzmqのインストール

–with-zmq-dirでインストールパスを指定します。

gem install zmq -- --with-zmq-dir=/usr/local/zmq

ffi-rzmqのインストール

gem install ffi-rzmq

echo "export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/zmq/lib" >> ~/.zshrc

/usr/local/zmqへインストールしたので、LD_LIBRARY_PATHの指定をしておかないと実行時にコケます。

インストール作業は以上。

Comments